リサイクルの取り組み

パッケージ(包装)があるからこそ、私たちはお客様のもとへ高品質な天然水を提供することができています。
しかし、それによって環境を犠牲にするということがあってはなりません。
結局のところ、私たちが提供している水も、環境が健全であってこその自然の恵みなのです。

循環モデルの採用

さて、私たちはどうすればよいのでしょうか?
私たちは日々、積極的で先駆的なアプローチと、現実的、実用的なプランを目標に行動しています。新たなクリエイティブパートナーと共に、製品のサイクルを見直し、より活発に社会活動に参加することで、2025年を目標に持続可能な世界に向けて活動に取り組んでいます。

私たちは、この世界や人々の健康を保ち、育むという使命があり、パッケージを持続可能でより循環型のものに移行させていくという役割があります。端的に言うと、不要なものを取り除き、リサイクル可能で安全に何度も繰り返し再利用ができる材質を使用し、また、循環型経済の一部となることができる、絶対にゴミや汚染にはならないパッケージを開発するということです。
2018年1月、私たちは循環型ブランドを目指し、2025年までにすべてのボトルを100%リサイクルペットボトル製にすることを誓いました。

循環するための基礎的要素

リニアエコノミー(直線型経済)

リニアエコノミーと呼ばれる直線型経済では、真新しい原材料から商品が製造され、たった一度使用された後は、埋立廃棄物として捨てられてしまいます。エビアンでは、この直線型経済からの卒業、そして新しいアプローチへの移行を推奨しています。

リユースエコノミー (リユース経済)

リユースエコノミーでは、リサイクルやリユースからうまれた原材料からパッケージを作り、使用後は、埋立廃棄物として処理されます。エビアンでは、もっとリサイクルコンテンツを増やすべく、模索している最中です。

サーキュラーエコノミー(循環型経済)

サーキュラーエコノミーと呼ばれる循環型の経済では、一度原材料から作られたパッケージは、何度も繰り返しリサイクルされ、再利用し続けることができます。エビアンは、このサイクルを目標としており、2025年までにすべてのペットボトル製品を、リサイクルペットボトルから作ると誓います。

パッケージ

日本では、1992年にペットボトルと呼ばれる、ポリエチレンテレフタレート製のボトルが導入されて以来、プラスチック製ボトルのリサイクルが可能になりました。現在、10%から50%のエビアンボトルが、このリサイクルプラスチックから作られていますが、2025年までに、全てのボトルを再生可能な素材に変えていくことが私たちの目標です。

この大きなミッションは、ループインダストリーズのようなテクノロジー企業の力を借りることによって、成し遂げられると信じています。ループインダストリーズは、テクノロジー産業においてのパイオニアと呼ばれ、大規模なプラスチックボトルのリサイクルを可能にし、プラスチックごみを高品質なリサイクルボトルへ変化させる技術を進歩させてきました。

おわかりいただけますように、この提携は、新たな共有価値を生み出しているのです。それに伴い、我々は、持続可能目標と希望を一致させるための軌道に乗り始めています。詳細はここをクリックしてください。

Photo credit: Hervé Schmelzle

自然界からのプラスチックボトルごみの削減

エビアンは地球環境を保護するために、私たちの製品に使われるプラスチックごみだけではなく、その他のプラスチック廃棄物に関してのアクションも探しています。そのため、2018年から2019年にかけて、オランダの非営利活動法人The Ocean Cleanupが行う、海上プラスチック廃棄物清掃プロジェクトに参加しました。

また2018年、私たちは、親会社であるダノンと、姉妹ブランドであるアクアと一緒に、インドネシアで開催された、廃棄物分析プロジェクトにも参加しています。このプロジェクトは、 The Interceptorという最新テクノロジーで、川で遮断され、海へ流出してしまうプラスチックごみをストップするために作られました。The Interceptorは、100%太陽光やその他の自然電力を用い、世界中の1,000もの河川から、1日最大5万kgものプラスチック廃棄物を抽出することを目的としています。しかし、その集められた廃棄物はどうなるのでしょうか?私たちは、廃棄物が川に流出してしまう、そもそもの原因やそれによる課題をより深く理解するために、集めた破片の分析や分類を可能にしました。

地域コミュニティと共に

エビアンは、日々最善を尽くしてしますが、この目標は我々だけでは、決して達成することができません。私たちは、自治体やリサイクル産業、それから世界中の消費者の方々と共に、プラスチック廃棄物のリサイクル率を上げる活動に、日々取り組んでいます。例えば、大規模リサイクルインフラ開発のため、アメリカのThe Closed Loop基金に、500万ドルを投資しました。また、リサイクルを軸とした循環型経済へと、世界中の人々の巻き込むための、新たな方法を、日々模索しています。私たちが一丸となって、リサイクルに取り組めば取り組むほど、100%リサイクルボトル生産というビジョンの実現に近づくことができるのです。

Photo credit: Geraldine Aresteanu
Photo credit: Hervé Schmelzle

未来のパッケージ

自然環境への恩恵をもたらすパッケージ革新ということをいうのであれば、もう十分だということは絶対にありません。私たちは、パッケージングの再考に取り組んでいますが、これらの技術革新が、人々にとって取り組みやすく、実用的なものでなければ、私たちの努力は無駄になってしまいます。そのため私たちは、ソーマのような革新的なブランドやヴァージル・アブローのような先見の明をもつ人物とコラボし、未来のために、先進的でありながらも実用的なデザインを生み出しているのです。

このページをシェアする

トップへ